【核心】お金持ちと貧乏人の最大の違いは「時間」の使い方だった

【核心】お金持ちと貧乏人の最大の違いは「時間」の使い方だった

お金持ちはなぜお金持ちなのでしょう?貧乏人はなぜ貧乏人なのでしょう?

行動・習慣・思考・・・
様々なものが複雑に絡み合って、
お金持ちはお金持ちに、貧乏人は貧乏人になっています。

どれか1つを変えれば状況が変わるわけではありません。
魔法のような方法はないのです。

ただ、
原則としてお金持ちがお金持ちである理由を理解できたなら、
根拠のない「お金持ちになる方法」に惑わされなくなります。

今回は
お金持ちと貧乏人の最大の差である「時間」の使い方に焦点を当て、
お金持ちがお金持ちである本質的な理由を解説します。

お金持ちになる方法を調べる時間を
お金持ちになるために行動する時間に変えていきませんか?

お金持ちとは?

お金持ちとはどんな人を指すのでしょうか?

年収・預貯金・職業・・・
線引きの方法は様々ですが、
本記事では
お金持ちを「不労所得を得ている人」
貧乏人をそれ以外と定義して話を進めていきます。

不労所得とは
読んで字の如く「働かずに得る収入」を指します。

例えば経営者
彼らは自分自身で働かずとも、社員が実務を行うことによって
企業として利益が上がり、その一部が経営者の懐に入ってくるのです。

つまりは自分が働かずして利益を得る仕組みを持っているのです。

お金持ちになるためにはどうすればいいの?

不労所得を得てお金持ちになるためにはまずその本質を理解することが重要。

前述の経営者と会社員の違いは一体何でしょうか?
それが今回の本題である「時間」の使い方なのです。

会社員とは一定時間労働することでそれに見合った報酬を得ています。
これは言い換えれば「自分の時間を売ってお金を得る」という状態。

一方、経営者は
給料を支払って労働力として従業員を雇っている
つまり「お金を払って他人の時間を買う」という状態です。

お金持ちになるためには、まずこの差をしっかりと理解する必要があります。

お金持ちがお金持ちである本質的理由

会社員が時間を売ってお金を得る一方で、
経営者はその時間を使ってビジネスを回しさらに大きな利益を生み出す。

これがお金持ちと貧乏人の大きな違いなのです。

人は生まれながらにして寿命という形で概ね平等に時間を与えられています。

そのためこの時間を切り売りしても得られるお金には一定の限界があります。
一方で、経営者はお金で買った他人の時間を使うため、青天井でお金を得ることができるのです。

では、お金持ちは自分の時間を何に使っているのでしょうか?

彼らは従業員が働いている間、ビジネスを生み出し成長させ、さらに大きな利益を得るために、学び、考えているのです。

「働かずにお金を得ている」といえば聞こえはいいですが、
本当のお金持ちは自分の時間を貴重なものと考え1分1秒を学びや思考にあてています。

「時間の価値」を理解し、本当に有意義なものに時間を使うことこそお金持ちになる最速の方法なのです。

今からできる行動

ここまでお金持ちと貧乏人の本質的違いを説明してきました。

  1. お金持ちは不労所得を得ている
  2. お金持ちは他人の時間を使って利益を上げる
  3. お金持ちは自分の時間をビジネスを生み出すための学びや思考に費やす

最後に、今すぐできる行動をいくつかご紹介します。

①ブログ・youtubeを始める
不労所得を得るまでには時間も労力もかかりますが、広告収入や情報商材の販売など、ネット上にUPしたコンテンツが集客から販売までを自動で行う仕組みを作れば不労所得を得ることができます。
②クラウドワークスで仕事を発注する
今ではネット上で仕事の受発注が誰でもできる時代です。
ビジネスモデルを考えることができれば、会社員でも他人の時間を買うことができます。
③書籍やネットで学ぶ
ビジネスを生み出すためにはまずインプットすることが必要不可欠
書籍やネットを通して学びましょう。

特に読書の重要性についてはこちらの記事でも解説していますので気になった方はぜひ覗いてみてください。
【年収250万】お金はないけど投資がしたい人がとるべき行動

また具体的にどんな本を読めばいいかわからない場合は以下のオススメ書籍をぜひご一読ください。
お金持ちの本質をさらに深く理解するために非常に役立つ良書です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・キヨサキ ]

感想(32件)


何かを変えたいと思うなら、行動を変えるしかない

小さくても確かな1歩を踏み出してみましょう!